「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

投稿者: | 2009年9月18日

0918-1.jpg

 最近はノートが綺麗なことだとか、いろいろなノートに関する本が出ている。この本もそんなジャンルのひとつなんだろう。僕も、自分なりのノート術を確立したいと思っている。文具が好きな人としては、いろんなノートが欲しくなってしまう。いろんなノートを買ってしまうと、どのノートも使い切らないまま終わってしまったりしている。そうではなくて、やっぱり、使い切ってこそノートなのだから、ノートの使い方について、ヒントを得たいと思っている。普段からそういうアンテナが立っているようなので、本屋さんでこのような本を見ると、ついつい買いたくなる。どの本も同じだったが、これこそ僕が求めていたノート術だと言えるものは、まだ見つかっていない。この本もそうなんだけど、やっぱりそういうそのものズバリな本は無いだろう。自分なりのノート術を考えないといけないのだと思う。そう言う意味では、この本もある程度ヒントを与えてくれた本だと思う。
(115冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.