箱根の旅2日目は嵐

投稿者: | 2009年7月17日

0717-1.jpg

 二日目は予定どおり、箱根湿生花園を訪れた。写真では分からないだろうけど、嵐のようなお天気だった。ホテルのチェックアウト時刻は12時とゆっくりだったので、10時過ぎまでのんびり粘っていたが、朝から降り出した雨は一向に上がる気配すら無い。それほど大した雨ではなかったので、予定どおり湿生花園に行ってみることにした。ホテルの前でバスに乗り、約5分で到着。最初のうちはそれほど雨は強くなくて、傘をさして花の写真を撮りながら、ゆっくり回れていた。
 しばらく経った頃から、だんだん風が強くなってきて、傘をさして撮影するのもきつくなったので、湿生花園近くのそば屋さんに避難した。予定では、それほど雨は降らないのではないかと思っていたのだけど、やはり標高1,000メートルを越える高原のお天気は、予想できなかった。昼食の後、バスでポーラ美術館に行ったのだが、そのうちに雨はあがってしまった。仙石原の雨と風がきつかったのか、それとも雨雲が去って行ったのか、どちらなのかは分からない。ただ、夏らしい良い天気だった水曜日も、仙石原では深い霧だったようなので、高原のお天気は平地とは違うってことだろう。
0717-2.jpg
 お天気が悪い時は、美術館などの屋内で楽しめる施設に限る。ただし、奥さんはゆっくりと絵を見ていたのだが、絵心の無い僕の場合は、半分くらい回って、すっかり飽きてしまった。我ながら、絵画や彫刻などの美術的なセンスを疑うくらいである。その割には、自分で絵でも描いてみたいと思ったりするのだから、矛盾しているのかも知れない。
 それでも結構時間つぶしにはなったみたいで、ポーラ美術館を出たのは、午後3時を回っていた。バスで強羅まで行き、そこから箱根登山鉄道で箱根湯本へ戻り、小田原まで帰った。せっかくだからと小田原駅で降りて、名産のかまぼこや干物を買って、東海道線で帰って来た。
 とりあえず、夏休み第一弾のメインイベントは終わった。いつもの休日も鎌倉、夏休みも鎌倉では、そのうち奥さんの怒りに触れそうなので、鎌倉以外の観光地を旅することができたこと自体が、大きな収穫だったと思う。さて、夏休み第二弾はどうしようかと思って、同じホテルの料金を調べたら、やっぱり8月は宿泊費は40%〜50%増しになるようだ。人出も多くなるし、家でのんびり休養かなと思ったりしている。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.