7月始まりの日

投稿者: | 2009年7月1日

0701-1.jpg

 去年の7月は、何をしていたのだろうと、古い写真を眺めてみたら、7月の下旬に安曇野から白馬を旅していた。今年はそれよりも1週間くらい早く、夏の旅をしようと思っているところである。去年は、名古屋に住んでいたから、車で白馬方面へ出かけた。今年は、関東に住んでいるから、東北辺りかなと思っている。そろそろ、申し込みに行かないといけないかなと思っているところだ。
 昨日から、『禅、シンプル生活のすすめ』と言う本を読んでいる。去年あたりから、僕の頭の中にあるキーワードは、「シンプル」とか「持たない」とか、そんなふうな言葉なのである。どちらかと言うと、僕は物に執着する傾向がある。パソコンにしても、今はすっかり落ち着いているものの、以前は新しい機種が出る度に買い替えていた時期があった。デスクトップ機も常時2台持っていたり、ノートも妻用のものを含めて2台あったりした。でも、主に使うのは1台なわけであるから、他のパソコンは不要な物だったのだろう。ある時期、思い切って余分なパソコンを処分してみて、1台あれば十分だと言うことに気づき、買い替え病も治った。
 今は、文房具、特に筆記具が沢山あったりするのだけど、これも追々収束させて行かなくてはと思ったりしている。読んでいる本の話に戻ろう。昨日から読んでいる本は、禅の教えと物質的、精神的にシンプルな生活を結びつけ、いろいろな生活を推奨している本である。例えば、「持ち物を減らす」と言うことがある。枯山水と言う禅宗のお寺に見られる庭は、水を使わず、水の流れを砂などで表現した庭で、要するに今あるものを活かして庭を造っているのである。言い換えれば、いろいろな物を求めないで、本当に必要な物だけを持ち、物の命を使い切るという考え方なのである。
 そんな本を読んでいると、僕の身の回りには、実に沢山の物が溢れていて、部屋の中も全然落ち着かないスペースになってしまっていることに気づくわけである。物を買うこと、手に入れることは、とても嬉しいことだったりするのだが、実際は何だか落ち着かない、安らげない部屋をせっせと作っていたと言うことになる。それに気づくと、こんなに物を持っていて、大丈夫だろうかと思うわけである。
 何が言いたかったかと言うと、今月はそんなふうに溢れている物を、少しずつ整理し始める月にしたいということである。整理とは、物の役割を明確にした上で、役割の無い物、つまり不要な物を処分することだと思っている。
 シンプルに、と書いていながら、文章自体が非常に長くなってしまった。理想的なのは、文章もシンプルな方が良いと言うことで、これもまた勉強して、徐々にシンプルな文章にしたいものだ。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください