偽善入門

投稿者: | 2009年6月16日

0616-2.jpg

 小池龍之介さんの本は、これで3冊目になる。小池龍之介さんは、世田谷区にある月読寺のご住職。月読寺は、宗派を超えたお寺のようだ。「家出空間」と言うサイトを運営されている。このサイトを見ただけで、この本がどんな感じの本か、想像できるかも知れない。さて、「偽善入門」なのだけど、3冊目に読んだ本だけど、全体を通じて著者が伝えたかったことが、やや分かりにくかったと言うのが、正直な感想である。偽悪よりも偽善が良い、みたいなメッセージは伝わってきた。完全な善は難しいから、偽善でも良いのではないか、みたいなことも伝わってきた。もちろん、偽善者となれと言っているわけではないと思うが、この本は、僕にとってはやや難解だった。しばらくしたら、もう一度読み返してみたいと思う。
 余談であるが、何故か座禅を体験してみたいと思った。そしたら、小池龍之介さんの本の中に、『自分を浄化するための座禅入門』という本があることを知った。さっそく駅ナカの本屋さんを覗いたが、見つからなかったので、ネットで注文してみた。ついでに、『煩悩フリーの働き方』と言う本も注文してみた。明日届く予定である。
(69冊/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください