砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

投稿者: | 2009年6月12日

0612-1.jpg

 桜庭一樹さんの本を読むのは、これが初めて。少し前から気になっていた作家なのだけど、この本はとても面白かった。ちょっと猟奇的な部分があるのだけど、最初の部分から、物語に引き込まれて、あっと言う間に読み切った感じである。面白いと思う小説でも、前半はそれでもなくて、徐々に引き込まれて行くものがあるけれど、この本は最初から物語の中に引き込まれ、予定どおりの結末を迎える。ミステリータッチのとても面白い本である。
(68冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください