ぐるぐるまわるすべり台

投稿者: | 2009年6月20日

0620-2.jpg

 ビートルズの曲に「Helter Skelter」と言う曲があることは、知っていた。その意味が「ぐるぐるまわるすべり台」と言う意味だとは、知らなかった。この本は、ふたつの小説で構成されている。ひとつが、「ぐるぐるまわるすべり台」であり、もうひとつは、「月に吠える」である。ふたつとも、ロックバンドに関する小説である。解説もミュージシャンの方が書かれていて、「ロックを聴いているような感覚の小説」という表現をされているが、まさにそんな感じの小説だった。こんな小説を読んだのは、初めての体験で、とても面白いと思った。読み終えて、やはり中村航さんの小説だったな、なんて思える部分もあったと思う。
(70冊/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください