CONCEPT LIFE

投稿者: | 2009年5月3日

0503-3.jpg

 柴田陽子さんは、「柴田陽子事務所」の代表で、商品や店舗、企業ブランディングをされている方。そんな彼女の学生時代から会社に入り、独立するまでの話を本にまとめたのが、この『CONCEPT LIFE』である。特別にどんな職業に就きたかったとか、クリエイターになりたかったとか、そういうことはなく、たまたまやることになった仕事を自分なりに楽しくやった結果が、独立ということになったようだ。彼女がこの本の最後の方で書いている。
・・・わたしは、今後、自分がどうなっていくのか楽しみ。だから何者になりたいとか、キャリアアップとか、そういうばかげたことはやめた。・・・わたしにとって大事なのは「いまよりもう少し良くなりたい』って思い続けること。それから「これだけは絶対ゆずれない」というものを持ち続けること。・・・
 内容や文章もそうだけど、随所に素敵な写真があって、読み物としても、見る本としても、とてもお洒落な本で、それがやっぱり店舗などのコンセプトを作られている方の本という気がした。うまく言えないけれど、押しつけがましくなくて、サラサラと読めて、それでちょっと自分でも何かをやってみようかなと思うようになれる本だった。
(53冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.