グラスホッパー

投稿者: | 2009年4月17日

0417-1.jpg

 3人の主人公が登場し、3つの話がそれぞれ並行して進んで行き、だんだん交錯してくるという手法の小説。3人の殺し屋が絡む話で、殺しのシーンがややグロテスクな感じを受ける。だが、最後のどんでん返しがとても面白い。いつもそうなんだけど、伊坂幸太郎さんの小説は最後に行くほど引き込まれて行く。最初は、物語の理解に集中していて、そのうちどんどん面白くなって行く感じである。
(48冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.